近視とは

レーシック手術を受ける人の殆どは近視です。
近視とは、近くの物がはっきり見えていても、遠くのものを見るとぼんやりと見える状態のことをいいます。メガネやコンタクトレンズで矯正しない場合は、「つい目を細めて見てしまう。」「普段から肩こりがひどい」「集中力がない」などの症状が出ることが多いのです。

近視の特徴


遠くを見たときにピントが合わない状態で、写ったものがぼんやり見えてしまう状態です。近視は目の焦点がずれているということになります。
近視には角膜や水晶体による光の屈折率が強すぎることによる屈折性近視と、眼球が通常よりも前後に長い眼軸長と呼ばれる状態で、網膜よりも前方に焦点を結んでしまう軸性近視と呼ばれる症状があります。
中でも軸性近視は、比較的遺伝的要素が強いのではないかと言われていますが、遺伝はあまり関連性がないという専門家もいるようです。

近視による他の病気


近視がきっかけとなって引き起こされるといわれる病気には、核性白内障と呼ばれる特殊な白内障があり、核性白内障とは水晶体核の変性が強くなり、屈折率が高くなることによって起こるとされています。

軽度の近視の場合には、レーシックなどレーザー手術を受けるよりは、視力回復トレーニングなどでの回復を目指すべきでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。