視力の低下を防ぐ

視力を回復させることについて、あなたほどんな方法を知っていますか?
ひとことで視力回復方法と言っても、レーシックなどのレーザー手術や針治療などの医療行為、トレーニングなど家庭でも出来ることなど色々な方法があります。
適切な視力回復方法というのは、個々の眼の状態によって決めるべきです。

近視の原因


子どもたちの半数は近視と言われますが、いったい原因はどこにあるのでしょう?目が悪くなる原因として、近くばかりを凝視することが多いと、カメラのレンズのような役割をする水晶体の弾力が失われてピントを合わせにくくなります。
私たちの周りには、テレビやパソコンやテレビゲーム、DVDと大人も子どもも眼に負担がかかるものばかりです。遠くの緑を見ることも少なくなってしまっています。

視力について


近視についてしばしば言われているいることの中には、必ずしも本当のことではないことも多々あります。
一つの例を挙げると、近視全体から見て90%強の人の近視の原因は生活習慣によるもので、遺伝などの先天性の近視の割合は5%ほどしかないのです
さらに、視力を補うためのメガネやコンタクトレンズですが、慣れると日常でも頼りっきりになってしまい、近視の進行を早めてしまうのです。どんどん、度の強いメガネに換えていく経験は誰にでもあるものです。

視力回復トレーニングは、主に近視になり始めや、仮性近視、10代のころには効果が高いようです。

レーシック


レーシックなどの視力回復手術は、眼の状態や人によって若干値段や効果も違ってきます。
でも、視力回復に成功しても、眼精疲労などの視力低下の原因がなくならないことには意味がないので、まずは生活習慣を見直すことも忘れないようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。