柏崎原発7号機で放射能漏れ

柏崎原発7号機で放射能漏れ=ポンプ弁から湯気−新潟


東京電力は6日、試験運転中の柏崎刈羽原子力発電所7号機のタービン建屋内で、微量の放射能を含んだ湯気が漏えいしたと発表した。外部への影響はないという。(時事通信)

新潟県中越沖地震で被災し、試験運転中の東京電力柏崎刈羽原発7号機は5日午後、出力100%に到達した。到達は地震後初めてで、順調にいけば6月下旬にも営業運転に移行する見通し。
 今後、データを基に運転状況を確認後、原子炉で発生する熱を一定に保ったまま配管や機器に異常がないかなどを調べる。



各運行会社や旅行代理店が提供している各種サービスは、バス運行会社の判断によります。ひとつの路線が全てのサービスを提供している訳ではありません。乗車路線を選択する際に必ずそれぞれの内容をよくご確認くださいませ。

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。